PHP対応レンタルサーバー、ドメインの取得はWISNET

  1. HOME
  2. ユーザーサポート
  3. XOOPSのインストール方法

XOOPSのインストール方法

このページでは、コミュニティサイトの構築が比較的簡単にできる「XOOPS」のインストール方法をご説明致します。(SuperEconomyプランは未対応ですのでインストールできません。)

※事前準備として、MySQLデータベースの使用が必須です。

契約されていないお客様は、MySQLデータベースサービスをお申し込み下さい。

【注意事項】 このインストール方法を参照、実行して生じた、いかなる損害についても、当サービスは責任を負いかねます。 利用者の自己判断の元、各種作業を行って下さい。

1.まずダウンロードページ新しいウィンドウで開きますからプログラム(最新版)をダウンロードします。(2008年5月20日現在)

XOOPSのインストール説明画像1

2.ダウンロードされましたら、ZIP形式で圧縮されていますので、適当な解凍ソフトを利用して解凍します。

インストールされていない場合は解凍ソフトをインストール後、解凍して下さい。

(参考:Lhaplus 新しいウィンドウで開きますダウンロードページへのリンク)

3.解凍後、ファイルをサーバーにアップロードしますが、解凍したフォルダー「Package_Legacy」にある「html」の中身を任意の場所にアップロードして下さい。インストール後のアクセスURLになりますので慎重に決めます。

(お使いのFTP転送ソフトによっては、途中でエラーが発生する場合が御座います。その場合は、FFFTPを使うとエラーなく転送できます。)

(参考:FFFTP 新しいウィンドウで開きますのダウンロードページへのリンク)

XOOPSインストール説明画像2

アップロードはファイル数が多いので時間がかかります。(ファイル数、約3100くらい)

転送完了後、フォルダー「cache」、「templates_c」、「uploads」のパーミッションを書込できるよう変更します。 次に「mainfile.php」ファイルを書込可能なようパーミッションを変更します。

4.先ほど「html」内のフォルダー、ファイルをアップロードしたディレクトリーにアクセスします。

例えば、/home/アカウント/public_htmlにアップロードした場合は、http://ドメイン/~アカウント/にアクセスすると下の画面が表示されます。表示されない場合は、転送先ディレクトリーを確認して下さい。

プルダウンメニューから、「japanese」を選択後「次へ」をクリックします。

XOOPSインストール説明画像3

5.一通り目を通して「次へ」をクリックします。

XOOPSインストール説明画像4

6.ファイルのアクセス権チェックが行われます。適切に設定されていない項目があれば、リストマークが赤色で表示されますので、パーミッションを確認して再チェックして下さい。 問題なければ、「次へ」をクリックします。

XOOPSインストール説明画像5

7.データベース、アクセスパス、URLの設定を行います。

XOOPSインストール説明画像6

1.データベースサーバー
プルダウンメニューから「MySQL」を選択。
2.データベースサーバーのホスト名
localhost」と入力します。
3.データベースユーザ名
通知されたユーザ名を入力します。
4.データベースパスワード
通知されたパスワードを入力します。
5.データベース名
通知されたデータベース名を入力します。
6.テーブル接頭語
特に変更の必要はありません。
7.SALT
特に変更の必要はありません。
8.データベースへの持続的接続
ここでは「いいえ」を選択します。
9.XOOPS Cubeへのパス
自動入力されますので、間違いがないか確認します。
10.XOOPS CubeへのURL
自動入力されますので、間違いがないか確認します。

各項目の選択、入力後「次へ」をクリックします。

8.先ほど選択、入力した情報が表示されます。間違いがないか確認後、「次へ」をクリックします。間違いがある場合は、「戻る」をクリックして訂正して下さい。

XOOPSインストール説明画像7

9.「設定の保存」でリストマークに赤色が表示される場合は、その箇所の設定を確認します。

すべてグリーンになりましたら、「次へ」をクリックします。

XOOPSインストール説明画像8

10.アクセスパス・URLのチェック結果が表示されます。問題なければ、「次へ」をクリックします。

XOOPSインストール説明画像9

11.データベース設定の確認画面が表示されます。確認後、問題なければ「次へ」をクリックします。

XOOPSインストール説明画像10

12.データベースのチェックが行われます。問題なければ「次へ」をクリックします。

XOOPSインストール説明画像11

13.データベーステーブルの作成が行われます。作成されましたら、「次へ」をクリックします。

XOOPSインストール説明画像12

14.XOOPS管理者情報を入力します。

XOOPSインストール説明画像13

1.管理者ユーザー名
任意の管理者名を入力します。
2.管理者メールアドレス
受信可能な管理者メールアドレスを入力します。
3.管理者パスワード
管理者のパスワードを入力します。他人に憶測されにくいものを設定して下さい。
4.管理者パスワード(再入力)
3で入力したパスワードを再入力します。

すべて入力しましたら、「次へ」をクリックします。

15.データの生成が開始されます。

XOOPSインストール説明画像14

問題がなければ「次へ」をクリックします。

16.インストールの第1ステップが完了しました。「次へ」をクリックします。

XOOPSインストール説明画像16

17.ログイン画面が表示されますので、14で設定した、管理者名(ユーザー名)と管理者パスワードを入力して「ログイン」ボタンをクリックします。

XOOPSインストール説明画像17

19.各項目確認後、導入推奨モジュールにチェックを入れて「インストール」ボタンをクリックします。

XOOPSインストール説明画像18

19.ここで表示されたディレクトリーを削除します。この画面の例では、

/home/アカウント/public_html/xoops/html/installディレクトリーを必ず削除して下さい。

XOOPSインストール説明画像19

20.インストール完了後、「管理者メニュー」からXOOPSにログインすると、下の画面が表示されます。

ここでは、/home/アカウント/public_html/xoops/mainfile.phpのパーミッションを604に変更します。

インストール後、XOOPSへのアクセスはpublic_htmlhtml内のフォルダー、ファイルをアップロードした場合は、

http://ドメイン/アカウント/になります。

XOOPSインストール説明画像20

以上でインストールは完了です。

適宜モジュールのインストールを行って、コミュニティサイトを創りあげて下さい。

なお、「XOOPS Cube」の使用方法は、ヘルプや書籍等を参考にして下さい。

 


| HOME | サイト内全文検索 | お問い合わせ | サイトマップ |

Copyright(C) WISNET All Reserued